書評Books 明るい笑顔がいっぱい

宗教法人・牛込キリスト教会 牧師 佐藤 順 『聖書を生きる 旬人彩人』 「百万人の福音」編集部 編 B5判 500円+税 いのちのことば社 「トゥルー・ストーリー(実話)を用いなさい」と、ある世界的な牧師が、説教の講習会 […]

書評Books 戦国時代を生き抜いた信仰者

西日本福音ルーテル教会・青谷福音ルーテル教会 牧師 前川隆一   『宣教師フロイスが記した 明智光秀と細川ガラシャ』 守部喜雅 著 四六判 1,300円+税 フォレストブックス   『宣教師フロイスが […]

新刊情報

新刊情報 好評発売中 “関係性”について考えるシリーズ 『夫婦となる旅路 一心同体となる霊性の成長』 豊田信行 著 『父となる旅路』で話題となった著者による待望の最新作。クリスチャンだからといって結婚生活が順調とは限らな […]

書評Books 他者を理解するということ

映画監督 溝渕雅幸 『人生―人として生まれ、人として生きる』 柏木哲夫 著 B6判 1,200円+税 いのちのことば社 本書の冒頭で柏木哲夫先生は、「人間はたましいをもった存在である」と定義されている。先生のこれまでの生 […]

第3回 この本のココが良かった

~愛読者の声~ 知人がクリスチャンで、この本をすすめられました。日々、自分がヘルパーでその方に関わらせていただいています。 聖書のみことばに、その人が温かくなぐさめられているのを見て、キリスト教への考えが変わりました。こ […]

新刊情報(2020年06月号)

新刊好評発売中 教会で傷ついた同性愛者たちとの対話 『LGBTと聖書の福音 それは罪か、選択の自由か』 アンドリュー・マーリン 著 岡谷和作 訳 「同性愛は罪」「聖書はゲイを禁じている」と信じてきたアメリカの福音派から提 […]

書評Books ハプニングとしてのたましいのケア

ハプニングとしてのたましいのケア クリスチャンライフ成長研究会 総主事 太田和功一 『ふり返る祈り  神に問い 耳を澄ませる』 斉藤善樹 著 B6判 1,200円+税 いのちのことば社 本書は、その「あとがき」にあるよう […]

書評Books みことばと経験と伝統の融合

みことばと経験と伝統の融合 関西聖書神学校校長 鎌野直人 『コリント人への手紙第一に聴くⅠ 教会の一致と聖さ』 袴田康裕 著 B6判 2,000円+税 いのちのことば社 『聖書 新改訳2017』による新約聖書全体の講解説 […]