結婚 ─ 神の結びあわせたもの 幸せをもたらす性の倫理

柿谷 正期
湘南クリスチャンセンター 牧師 柿谷カウンセリングセンター 所長

 結婚カウンセリングの専門家は、必ずと言っていいほど、夫婦に関する情報収集の過程で、夫婦の性関係について質問をします。性関係が七日前にはありましたと言うのと、七年前でしたと言うのでは、夫婦関係に違いがあることが分かります。夫婦の性関係は夫婦の健康度を示すバロメーターとも言えるでしょう。

 自制(コントロール)の必要性
 夫婦の性関係について、「熱があって私(妻)の具合が悪くても、夫は性関係を求めてくるのです」というような訴えを妻の側から聞くこともあります。
 性関係がなくても困るし、こんなあり方も困ります。これは自制(コントロール)の問題です。未婚であれ、既婚であれ、性欲のコントロールができないまま、幸せになるのは難しいことです。

 信頼という問題
 仮に、ナンパされてその日のうちに肉体関係を持ったとします。相手は自分を信頼してくれるかどうか。自分は相手を信頼できるかどうか。ある調査では、相手を信頼できない、とはっきり答えが出ています。好きだからと言ってすぐに性関係にまで進展する関係は、お互いを信頼できないという問題を一生かかえることになるようです。
 ある男性は、結婚式を数カ月後にひかえて、相手に複数の男性関係があったことを知りました。信頼が揺らぐとしても当然です。この人と結婚すると決めていても、相手が破談させるかもしれません。こうしたケースで壊れる婚約は、半数にものぼると言われます。

 親密という問題
 「セックスをすることで親密になれるのではないでしょうか」と言われることがあります。たしかに親密さはセックスをすることで得られるかもしれませんが、その親密さの中身はどうでしょう。その人を本当に知ったことになるでしょうか。
 聖書では男女のセックスについて、「寝る」という言葉と「知る」という言葉が使われています。夫婦関係では「知る」で、結婚の絆のない性関係は「寝る」が使われています。
 デズモンド・モリスは十二の触れ合いについて述べています。(1)目から体、(2)目から目、(3)声から声、(4)手から手、(5)手から肩、(6)手から腰、(7)顔から顔、(8)手から髪、(9)手から体、(10)口から胸、(11)手から下半身、(12)性器から性器。最後の三段階((10)から(12))は通常夫婦間のみの触れ合いです。(1)から(9)までのどの段階が交際中に適切かは、二人の問題です。(1)はあの人ステキだな、と一方的なもので、(2)になってはじめて相手も反応して、(3)で二人は話し合うことになります。交際の開始と見てよいでしょう。(3)から(9)の間のどこまでが適切かは、二人のコミットメント(決断)のレベルにもよるでしょう。このレベルが相違していると、どんな段階の触れ合いにも問題が起こります。
 注意したいのは、(5)まで行った人は次に会ったときには(5)まで進みたいし、できれば(5)を越えたいと思うことです。(6)までいった人が(3)だけで満足することは困難になります。いつも触れ合いを深めたいという誘惑があるからです。自制の大切さがここにあります。
 若い人たちと関わっていて思うことは、(12)は避けようと思っていても、(10)まで進んで後戻りができなくなって、とうとう(12)まで進んでしまったということがあることです。自分は大丈夫と思っている人は危ないのです。自分は危ないと思っている人はもっと危ないと言えるでしょう。この領域で絶対に大丈夫な人はだれもいません。

 結婚するまではしないと決めておく
 十代、二十代の若い女性が、私たちのセンターで生活をともにすることがありました。そのとき十五歳の女性に言いました。「幸せな結婚をしようと思ったら、結婚まではセックスはしないことだよ。」彼女は「分かった」と言い、母親にもその話をしたそうです。そして母親が私に言ってくれました。「私が教えられないことまで教えていただいて感謝です。先日娘が、『二十歳になるまではセックスをしてはいけないって先生に言われた』と言っていました。」お気づきのように私の言ったことがそのまま伝わっていません。「結婚するまでは」が「二十歳になるまでは」と変わっているのです。これが今の若者の普通の倫理観なのでしょう。
 私が結婚セミナーをするときに、よくロールプレイをします。「ねっ、いいよね」と誘われた場合に、次のように答えるのです。「私もあなたのこと大好きだから、そうしたいわ。でもセックスは結婚まではしないことに決めているの。」相手のことが好きで結婚対象に考えている場合、「あなたが好きだ」という一言は大切です。嫌われていないということをはっきりさせるからです。嫌いでもないのに、嫌われたかと思われるような伝え方はしないことです。このような答え方をして、去っていく男性は去らせることです。結婚してもうまくいくことはないでしょう。自制できない人でも、結婚したらできるようになると思いますか? いいえ。不倫の道にまっしぐらです。