野の草を見つめながら 第10回 それぞれのレース

フォトグラファー 市川五月 今回の表紙の写真は、コンクリートの狭間で一生懸命生きている野の草を選びました。いつの間にか自分と人を比べすぎて、つらくなってしまったいつかの自分を投影しているような草でした。 人と比べてしまう […]

時代を見る眼 教会の役割り [3]地域にさいわいを

キングス・ガーデン埼玉理事 児島康夫 「福祉」という語はいつごろ生まれたのだろうか。 ある福祉系の専門書に「第二次世界大戦後、日本国憲法の制定と共に生まれた造語」と書かれていた。 しかし、明治時代に訳された文語訳聖書には […]

本ソムリエが惚れた1冊

書店員に聞いてみました 『「バカな平和主義者」と独りよがりな正義の味方』 鈴木光 著 B6判 192頁 1,400円+税 今月のソムリエ ジョイフル 中山輝夫さん 本書の著者と同じく、私は2001年に日本企業の社員として […]

リレー連載 牧師たちの信仰ノート

渡辺信夫(わたなべ・のぶお) 1923年、大阪生まれ。 日本キリスト教会東京告白教会元牧師。 第十三回 時が来るまで 私が生まれる前の年の一九二二年に、父は洗礼を受けた。父はこの次男(私)を、信仰の男に育てようと決意した […]

野の草を見つめながら 第9回 すべてをゆだねる

フォトグラファー 市川五月 今回の表紙の写真は皆さんもよくご存じの「ぺんぺん草」ことナズナです。葉っぱが特徴的でハートの形をした、とても可愛らしい草ですよね。 ナズナを調べてみると、とても興味深いことがいくつも出てきまし […]

福音理解と宣教のあり方に新たな視点を

聖書同盟理事長 稲垣博史 『福音は何を変えたか―聖書翻訳宣教から学ぶ神のミッション』 福田 崇 著 B6判 1,000円+税 いのちのことば社 五十年以上前のこと、ガリ版刷りの機関紙『聖書翻訳』を手にして、初めて翻訳宣教 […]

本ソムリエが惚れた1冊

書店員に聞いてみました 今月のソムリエ オアシス新宿西口店 金子健太郎さん 『神様とともに歩むための101のヒント』 サリー・ロイド・ジョーンズ 著、ジェイゴ 画 A5変判 228頁 2,300円+税 この本はつまり「神 […]