フィリップ・ヤンシー来日講演集 痛むとき、神はどこにいるのか 涙の跡を訪ねて

フィリップ・ヤンシー
訳:鈴木 茂・新美 幸子

東日本大震災から一年を迎える被災地を訪れたクリスチャンジャーナリスト、フィリップ・ヤンシー氏の目に、その情景はどう映ったか。こんな悲劇が起こることをなぜ神は許されたのか。「痛み」を負った人々にとってキリストはどんな存在なのか。不条理な痛みについて改めて問い直した、気仙沼、仙台、東京での講演録。

【著者プロフィール】

フィリップ・ヤンシー
 
クリスチャン・ジャーナリスト。フィリップ・ヤンシー(1949年~)は、キリスト教信仰書作者の中で最も有名な人物のひとりである。その著作書は、世界で1400万部の売上部数を誇る。
ホィートン・カレッジ大学院でコミュニケーション学と英語学の学位を取得。『クリスチャニティ・トゥデイ』誌の編集顧問を務め、同誌に記事やコラムを書いている。クリスチャニティ・トゥデイ社の出版物「ブックス・アンド・カルチャー」の共同編集議長でもある。



フィリップ・ヤンシー氏の著書・講演はこちら

発売日:2012年07月10日
発行:いのちのことば社
ISBN:978-4-264-03035-5
商品番号:11540
定価:990円(税込)

出版社倉庫在庫切れ