信じても苦しい人へ 神から始まる「新しい自分」

中村穣

神を信じたら変えられて「うまくいく」はずなのに、神を感じられない、苦しくて仕方ないという現代の信仰者へ、視点を「自分」ではなく「神」に移したとき、見えてくる一点の希望を語る。月刊「いのちのことば」の人気連載が大幅に加筆し書籍化。

〈著者プロフィール〉
中村 穣(なかむら・じょう)
日本の社会になじめず、18歳のときにアメリカへ家出。
ひとりの牧師に拾われて、アメリカでの生活が始まる。紆余曲折を経ながらも大学を卒業。助けられた恩師と同じ職に就きたいと、牧師になる決意を固める。
2009年、米国のウェスレー神学大学院を卒業し、帰国。上野の森キリスト教会で宣教主事として奉仕。上野公園でホームレス伝道を16年続けている。
2014年から飯能の山キリスト教会を立ち上げ、教会カフェを始める。現在、地元の聖望学園で聖書を教えつつ、自由学園明日館でキリスト教思想史哲学の講座を担当している。

発行日:2021年04月25日
ページ数:176頁
版型:四六判
発行:いのちのことば社
ISBN:978-4-264-04247-1
商品番号:14260
定価:1,540円(税込)

2021/08/03ごろ入荷予定(延期の可能性あり)