モンゴル支援学校「ジョイハウス」のために献金をお願いいたします!

モンゴルEHC(全国家庭文書伝道協会)総主事のバーサンドゥオーリ氏が今年1月に来日。その際に、モンゴルのウランバートル近郊の貧しい家庭の子どもに無償で教育を提供する支援学校「ジョイハウス」に宿舎を建てたいとのビジョンが紹介されました。「子どもたちの家庭は貧しく、ゴミ集積場にお金になるゴミを探しに集まり、ゴミ集積場にトラックが来るとゴミの奪い合いになることもある。学校から1時間以上離れたゴミ集積場付近に住んでいる子どもたちの通学途中にも危険がいっぱい。この子どもたちを守るためにどうしても宿舎の必要がある。」との紹介でした。
そのアピールを受けて、協力教会、日本EHC の祈りのメンバーから必要額(232 万円)の献金が集まり、送金。モンゴルEHC の隣地の土地・建物、自動車を購入。既存の建物の改修をし、備品をそろえ、新学期の9 月4 日に開所式が行われました。日本EHCからも出席し共に祝いました。開所式後、初めて宿舎に入った子どもたちはベッドに飛び乗り、大喜び。
今回、正式に日本EHC として今後1 年間、この働きの継続のための必要額、毎月19万円( 年額228 万円) をサポートする事を約束してきました。現在、昼間は60 名、夕方からは150 名以上の子どもたちが学校に通い、教師はボランティアです。この「ジョイハウス」の働きの継続のために、子どもたちの未来のために、継続的な献金とお祈りをお願いいたします。


CGNTV 2020年1月収録


※現地スタッフが作成していますので、日本語がところどころ分かりにくい部分が含まれています。

モンゴルより緊急の祈りの課題が届きました。

新型コロナウイルスの感染予防として緊急事態が発令されたことに伴い、現在、学生は学校閉鎖で自宅待機となり、オラーンチョロートのごみ廃棄所は閉鎖されました。
そのため、子供たちやその家族は職や収入源を失って食料や燃料がなくなり、状況は深刻です。
私たちは学校やJOY施設の子供たちの家族に、小麦粉、米、砂糖、ビタミン、薬、油、主食、薪や石炭を購入し支給し始めています。
皆様も常に祈り、支援し、支持してくださっていることに心から感謝します。
神様が皆様を祝福してくださいますように。