音楽・映像・アーティスト

おすすめ商品

アーティスト情報

アーティスト情報 > レーナ・マリア
レーナ・マリア

1968年、スウェーデン中南部のハーボ村に生まれる。出生時から両腕がなく、左脚が右脚の半分の長さしかないという原因不明の障害を負う。
3歳の頃から水泳教室に通う。スウェーデン代表として、世界障害者水泳選手権などに出場、数々のメダルを獲得。高校の音楽専攻科を卒業後、
本格的な音楽活動を開始。1992年以降、日本ではほぼ毎年彼女のコンサートが開かれ好評を博してきた。「ニュースステーション」「徹子の部屋」等で、 彼女の歌声と生活が紹介され話題を呼ぶ。1998年3月には、長野冬季パラリンピック開会式で熱唱し、さらなる注目を集めた。2013年より日本での活動を再開している。