志を立てさせてくださる方

伊東道夫( JECA 花の木キリスト教会牧師 )  私が初めてキリスト教に接したのは、1964年5月に、古田吉光牧師とTEAMの宣教師であったドナルド・ウォルター宣教師との協力によって、辻堂東海岸で教会の開拓が始まった時 […]

すでに私は十字架で死んで

松本よしゆき(甲西キリスト福音教会牧師)  私がイエス様を信じる決心をしたのは、1980年10月に大阪で行われたビリー・グラハム国際大会でした。当時中学生だった私は、ただ誘われるまま、みんなで大阪に出かけるくらいの気分で […]

私たちはイエスの証人

豊田信行(ニューライフキリスト教会牧師 NPO法人「a cup of water」代表理事)  私の父、豊田龍彦は古い表現かもしれませんが、「炎の伝道者」との呼称がピッタリの人でした。父は1か月に10名の求道者、1名の決 […]

苦難は神様の招きのサイン

武井 博(横浜カルバリーチャペル名誉牧師、元NHKテレビ・ディレクター)  私が生まれ育ったのは、埼玉県の、バスも通らないという片田舎の村でした。ですから、キリスト教会などはどこにもなく、その後も、私とキリスト教との接点 […]

イエスを離れては何もできない

M.マートン(元プロ野球・阪神タイガース選手・現、カブスの競技運営部門補佐)  日本のみなさん、お元気ですか。2010年から15年まで6年間、日本のプロ野球でプレーしたマット・マートンです。世界中に広がった新型コロナウイ […]

小さな教会

河井ノア(絵本作家・画家)柳川 茂(絵本作家・脚本家) 河井ノア  「神にあって 私はみことばをほめたたえます」(詩篇56:10)。のどか森に住むこぐまのリトル・ジョイは、子どもたちに聖書のことばを届けるお仕事をしていま […]

美術を通して宣教を

町田俊之(バイブル・アンド・アートミニストリーズ代表 富士見聖書教会牧師)  私は美術大学の2年生の時に、英語の先生としてアメリカ人宣教師と出会い、それがきっかけで生まれて初めて教会に行くようになりました。大学入学の年に […]

伝道は人格を通して

伝道は人格を通して 山崎龍一(お茶の水クリスチャン・センター常務理事 元キリスト者学生会(KGK)総主事) 自分が福音を語る立場になって、宣教についていろいろ教えられてきたことがあります。原体験も含めてですが、人は説得によって神様を信じることはないし、説得もできないということです。

最後の1時間の人にも

朴栄子(在日大韓基督教会・豊中第一復興教会牧師)  牧師になって14年、苦しかったことも数々ですが、それをはるかに上回る恵みがありました。折に触れて思い出すのは、Sさんの最期のことです。  葬儀は伝道者として心躍るといっ […]

宣教は神のなさること

福澤牧人(東京オンヌリキリスト教会、東京キリスト宣教教会牧師)  父が牧師・伝道者(福澤満雄師)の家庭に生まれた私は、小5の時に受洗しましたが、16歳の頃から反抗して教会を離れました。高校を卒業すると同時にアメリカに夢を […]