教会図書リフレッシュキャンペーンのご提案

教会での文書伝道、聖書教育の活性化のために!  教会を訪問すると、いつも図書のコーナーに自然と目がいきます。ボロボロになるまで読まれた本が、棚いっぱいに並んでいるようすを見ると、1冊1冊が皆様に励ましを与え、成長を促し、 […]

いのちのことば社創立70周年 宣教事業計画 移動書店 ゴスペルボックス2号導入へ

いのちのことば社創立70周年 宣教事業計画 移動書店 ゴスペルボックス2号導入へ 70年前、ある宣教師たちは日本人の識字率の高さに着目し、文書伝道を始めました。そうして誕生したのがいのちのことば社です。彼らはリヤカーを改造し、本箱を乗せて「福音車」と名づけて駅前に引いて行き、賛美とメッセージを語り、トラクトを配り、教会を訪問し、書籍を販売しました。

教会学校教師に、学びと励ましの場を CS教師セミナー東京・大阪

教会学校教師に、学びと励ましの場を CS教師セミナー東京・大阪 幼い頃にイエス様と出会い、主と共に歩む生涯を送る―それは、本当に幸いなことです。しかし、「子どもが教会に来なくなった」「教会学校(CS)は休止中」という教会が増えていることは、否定できない現実となっています。どのようにして次世代に福音を伝えるかは、教会の未来に関わる重要な課題です。

次世代の子どもたちに福音を届けます!

 私たちいのちのことば社は「2025年までに1,200万人(人口の10%)に福音を伝える」とのビジョンを掲げています。そのおもな対象として、以下の3つの層を想定して宣教活動を行っています。  ① 聖書親派(聖書に興味をも […]

ゴスペルボックス・オアシス号 巡回レポート

薩南諸島(奄美大島、喜界島、沖永良部島、伊江島)巡回 12/11〜18 ●12月11日、沖縄本島の本部港から喜界島へフェリーで北上。13日の午前は、ホーリネス喜界キリスト教会へ。牧師が公民館の放送を使って地域の方にPRし […]

受刑者へ「百万人の福音」を贈ろう!

「愛のプリズム伝道」 現在、毎月700人に贈っています。  現在、服役中の受刑者の声です。 (マザーハウス機関紙「たより」に掲載された証しを要約・抜粋し、「百万人の福音」に紹介したもの)  「私は、キリストの道につながっ […]