トップへ戻る

MISSIONミッション

未来に希望を
子どもたちに福音を

ミッションステイトメント

「スーパーブック(SuperBook)」を通して日本に住む子どもたちに、
聖書の教えや価値観をわかりやすく伝えます。

「スーパーブック(SuperBook)」は、いつもワクワクするような冒険です。
そして素晴らしい出会いに満ちています。

キャラクターイメージ

スーパーブックのビジョン

聖書の物語は真実です。
それはただの昔話ではなく、現在の私たちが「生きる」ための、とてもに強い道標(みちしるべ)です。
世界中で「スーパーブック(SuperBook)」シリーズが成功しているのは、
物語の中で「聖書を正しく伝えている」からです。


子どもへの教育は、自然に、押し付けにならないように興味を持たせることが良いとされています。
例えば、幼少時から英語に触れること、勉強の時間を生活レベルでスケジュールに組み込むことなどが一般的に行われています。
「スーパーブック(SuperBook)」は、聖書の教えを自然に、押し付けにならないような形で子どもたちに伝え、
さらにその教えを実生活で活かしていく様子を、
主人公たちクリス、ジョイ、ロビックの体験を通して伝えています。


神様を信じて生きるという体験を一人でも多くの日本の子どもたちに楽しんでもらうこと。
それがわたしたちの目標です。

スーパーブックの歴史

はじめに日本で

アメリカのキリスト教宣教団体の一つであるCBN(Christian Broadcasting Network)が、日本のアニメ制作会社タツノコプロと共同製作した子供向けの『聖書物語アニメーション』がテレビ放映されました。
「アニメ親子劇場」というタイトルが付けられたこの番組で、800万人以上の人々にキリストの福音を伝えることができました。この日本で放送された聖書物語アニメーションが現在の「スーパーブック」の始まりとなりました。

はじめに日本で

旧ソビエトでは

経済・政治が混乱の中「スーパーブック(アニメ親子劇場)」が放映され、600万通以上の手紙が旧ソビエトの子供たちから送られるほどの大ヒットになりました。
その後43もの言語に訳され、106カ国の国々でTV放映されて約5億人が視聴し世界中の子どもたちに福音を届けることができたのです。

アメリカで

最新の3D CGI技術を使って、新しい「スーパーブック(SuperBook)」が作られ、2021年までに第5シーズンまで制作されます。

アメリカで

そして日本でも

およそ40年の時を経て、この新しい「スーパーブック(SuperBook)」シリーズのDVDとTV放送を通して、子どもたちに聖書の福音をわかりやすく届ける「スーパーブックこども伝道」の働きがはじまっています。

スーパーブックの活動に
参加しませんか?

「スーパーブック(SuperBook)」をみんなに見てもらい、聖書をもっと知ってもらうために。

プレゼントしたい

おじいさん・おばあさんからお孫さんへ
お子さんの誕生日のプレゼントに
学校や施設への寄付に etc.

上映会をしたい

教会学校で上映会
お友達を呼んで上映会
施設や学校で上映会

SNSでみんなに
知らせよう

TwitterやFacebookを使って「スーパーブック(SuperBook)」を拡散!
「#スーパーブック」「#SuperBook」#ハッシュタグを付けて投稿すると、もっとみんなに広がります。

「みんなにスーパーブックを知ってもらいたい」「スーパーブックのことを話したい」こんなことを、たくさん書いてください。
ロビック

Twitter アイコン Facebook アイコン

SuperBook公式アカウント