聖書の達人インストールの方法 by JBinst7.EXE

★「JBinst7.EXE」を起動すると以下の画面が表示されます。

@JB2008v1をドライブに挿入し、「インストール開始」をクリックすると以下の「個別インストール」タブが表示されます。
注)CDROM挿入後、自動再生画面が表示された場合には、その画面を閉じてください。
「聖書の達人」ボタンをクリックするとインストールが始まります。

A聖書の達人が既に、インストールされている場合、以下の画面が表示されます。
  この場合、「はい」をクリックして、再インストールすることをおすすめします。

B「はい」をクリックすると、インストール作業が始まります。
★VISTA/Win7・8の場合、ファイルを起動中に以下のような「ユーザーアカウント制御」画面が表示される場合があります。
  表示された場合、必ず「許可」 をクリックして、インストール作業を続けてください。

C以下の画面が表示されます。インストール先を変更する場合は、慎重に作業を行って下さい。

D以下の画面が表示されます。「OK」をクリックします。

E最後に、以下の画面が表示されます。「はい」をクリックすると、@の画面に戻ります
 「いいえ」をクリックすると、作業を終了します。


Fデスクトップの「聖書の達人2008」起動アイコンをダブルクリックします。
 聖書の達人CDROMを使って登録作業を行います。

G「聖書の達人」CDROMがドライブに挿入されていない場合、以下の画面が表示されます。

H聖書の達人CDROMをドライブに挿入してあると、起動・登録画面が以下の様に表示されます。

I必要事項を入力して「承諾」ボタンをクリックすると、以下の画面が表示されます。

J「OK」ボタンをクリックすると、以下の起動画面が表示されます。
 ★この段階では、「聖書の導入」「ハードデイスクで運用」の作業はを行なわないで下さい。
  (↑ここで「聖書の導入」「・・運用」の作業を行うとエラーが発生します。)
 ★JB2008の「ヘルプ」「設定(2)」「聖書の達人バージョンアップ」の作業の後で、
   「聖書の導入」「ハードデイスク運用」は行って下さい。参考:手順L3

K聖書の達人を終了します。

LJB2008を起動して、「ヘルプ」「設定(2)」「聖書の達人バージョンアップ」の作業を行います。

 ★操作方法の詳細は、ここをクリックして下さい。

M聖書の達人を起動し、「聖書の導入」作業を行います。

N次に、「ハードデイスクで運用」作業を行います。

Oそして、最後に、「自動更新」機能で、ファイルを最新のものに書き換えます。

P聖書の達人は、古いソフトであるため、以下の「節表示」機能は、利用することができません。
 (★エラーが発生し、プログラムが中断される場合があります。 )


Q最後に、アンインストールの方法です。

TOPへ


©日本コンピュータ聖書研究会