2022年6月24日 チョコバナナ

実はこの小さな和菓子工場の店主、今年85歳の小林文雄さんは「縁日グルメ界のエジソン」と呼ばれ、テレビにも放映された有名な人物。

それは縁日やお祭りで誰もが知っている「チョコバナナ」を最初に発明した人なのです。

当時、小山遊園達の売店で働いていた小林さんは、家族連れや子ども達が次々と訪れる遊園地で、子どもや大人皆が食べられる美味しいものが無いことがずっと気にかかっていました。そして試行錯誤の末、昭和43年ついにあの「チョコバナナ」を誕生させたのです。