2021年10月18日 豊川市・平和記念公園③

今は平和記念公園内に資料館が残され、当時の生々しい証言や写真の数々、そして爆弾を落とした側の写真や資料も展示され、戦争の悲惨さとともに豊川地区の軍需産業が日本を支えていた重要な地区だったことがよく理解できます。

一部面影を残しながらも東洋一を誇る当時の広大な軍需工場跡は、今は自動車産業や部品工場等の平和工場地区として生まれ変わっていました。