2021年2月22日 最古の温泉!

ところで九州で一番古い温泉はどこでしょうか?

それは福岡県の奥座敷、筑紫野市にある二日市温泉です。

その歴史は何と1300年前の奈良時代、万葉集にも登場します。

今日はその中の源泉掛け流し「博多湯」へ立ち寄ってみました。

 

 

 

風情のある小さな温泉エリアは街の人々から愛されている地区で、「博多湯」は350円で入浴できる源泉掛け流し温泉。

弱アルカリ性のラドン溢れるその泉質は、湯船の外でも硫黄の香りがほのかに立ち込めています。

 

 

 

 

銭湯内には迫力ある万葉画集があちこちに描かれ、歴史の一端を垣間見ることができます。

 

 

 

銭湯の外観はこんな感じで、まるで千と千尋の神隠しのような、風情溢れる建物です。

 

 

 

 

 

短い時間でしたが心身はゆったりと癒され、帰りにはフロントで売っていた温泉茹で卵に自然と手が伸び、買い求めていました。

ほのかに硫黄の香りがするその味は優しいコクに溢れ、万葉の歴史に少しだけ思いを馳せながら頂きました。