2020年2月3日 キリシタン洞窟礼拝堂跡

というわけで、日が暮れ始める頃でしたが徒歩数分の場所に「キリシタン洞窟礼拝堂跡」の案内板を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

歩いて行くと、山あいの硬い岩盤斜面にキリシタン洞窟礼拝堂はありました。凝灰岩をくり抜いて作られたこの洞窟礼拝堂は、14世紀のローマの洞窟礼拝堂によく似て、全国でも例を見ない貴重な場所のようです。

 

 

 

時に豊臣秀吉はキリスト教禁令を行ない、特に島原の乱(1637-38年)から全国的にキリシタンの大弾圧が行われ、多くのキリスト教信者が厳しく捕らえられていった。このような厳しい時代を経て、宣教師と共に洞窟礼拝堂で礼拝が守られ、伝え残されてきたことは大変貴重である。