2020年1月28日 知覧飛行場

特攻作戦として有名な飛行場の一つ「知覧飛行場」跡は、現在は知覧特攻平和会館として公開されています。終戦の年の最後の4ヶ月間、特攻作戦による全戦死者1,036名のうち約半数近くの439名の20歳前後の若者たちが、この飛行場から飛び立ち、敵艦に散っていきました。出撃命令を受けた若者たちの家族に宛てた遺書が多数展示され、胸が熱くなります。博物館ランキングでも全国第1位とのことです。