オアシス新宿西口店にて『絵本の泉』出版記念イベント「童心に戻れる 絵本を楽しむ集い」

ゆっくり味わって読むこと、誰かに読み語ることで、絵本はわたしたちに沢山の贈り物をくれます。
本イベントでは、『絵本の泉―心を育む絵本の名作40』著者の高原先生をお招きして、その魅力を語っていただきます。後半では読みがたりの体験も予定しておりますので、お気に入りの絵本をお持ちの上、ぜひどなたもご参加ください。

2019年1月19日(土)14時から
会場:オアシス新宿西口店(東京都新宿区新宿1-3-15 栃木ビル6F)
<2019年1月グランドオープン!>https://wlpm.or.jp/oasis/info.php
参加費無料
要お申し込み:定員16名
持ち物:絵本(10分以内で音読できる、ご自分の好きな絵本。もちろん子ども向けのもので大丈夫です。※文字量が少ないものを推奨いたします)
【お問合せ・お申し込み先】いのちのことば社出版部
TEL03-5341-6920 FAX03-5341-6921 Email publish@wlpm.or.jp

WEB申込みはこちらから

https://docs.google.com/forms/d/1vh8w5O4Ppt-jiLJzsNYiQ-uzarGtCWEc2XglpdeOAp4/edit

 

☆ぜひご参加ください☆

絵本好きな方、読み聞かせの実践に関心のある方、絵本を通して子どもとコミュニケーションをとりたい方、文字が少ない本に癒されたい方

〈プログラム〉
前半:タイトル「絵本の魅力をさぐる」
著者が実際に絵本の読みがたりを行いながら、絵本のストーリーと絵にどんなメッセージや意味があるかを読み解いていきます。その中で、絵本という文化財ならではの特長を捉え、子どもと大人を育む絵本の魅力について解き明かしていきます。

後半:ワークショップ「少人数で読みがたりを体験してみましょう」
今回は、大人同士での絵本の読みがたりを行います。
子どもが対象ではないことで、大人としての自分と絵本とのかかわりがより明確になり、絵本や読みがたりからどのような気づきが得られたかが意識しやすくなります。

ファシリテーター:高原典子(たかはら・のりこ)
秋草学園短期大学元教授(「児童文化」「言葉」などの教科を担当)。絵本の著作に、『はるかぜさーん』(学研おはなしえほん)、『ろばのみみをしたおうじ』『トム・チット・トット』(以上、学研えほん館 世界むかしむかし)ほか多数。

書籍紹介『絵本の泉 心を育む絵本の名作40』高原典子 著
子どもたちが育つうえで、欠かせないものは何か。
保育者を養成する大学で、長年授業で絵本を取り上げてきた著者が、「思いやりの心を育む絵本」「子どもといっしょに遊べる絵本」グリーフケアなど、8つのジャンルから名作絵本40冊を紹介し、子どもとおとな、双方の心を育む絵本の力を語る。
定価1,300円+税
https://www.wlpm.or.jp/pub/?sh_cd=105001

ehon