ディボーションガイド manna

2017年11月号


manna_cover_2012.11_bb

ヨハネの黙示録

著者
この書は著者自身がヨハネであると述べている(1:1、4、9、22:8)。したがって、伝統的にこの書はゼベダイの子、使徒ヨハネの著作であるとされてきた。しかし、黙示録の文体がヨハネの福音書や三つの手紙と異なることから、使徒ヨハネが著者であることを否定する者もいるが、黙示録の内容が幻によって与えられたものであるという特殊性と、パトモス島に流されていたという環境の変化などを考えるなら、文体の相違は説明できる。
(本文より)

聖書通読

黙示
1~3日、6〜10日、 13~17日
20〜24日、27〜30日

聖書の学び

信仰の父アブラハム
4〜5日、11〜12日、18~19日
25〜26日

通読表はこちら

聖書日課執筆者(11月号〜2月号)

宮井 岳彦(カンバーランド長老教会 さがみ野教会牧師)
勝原 忠明(西日本福音ルーテル教会 倉吉福音ルーテル教会牧師)
小山 大三(岐阜純福音教会牧師)
清水 武夫(日本長老教会 玉川上水キリスト教会牧師)
中台 孝雄(日本長老教会 教師)