ディボーションガイド manna

メールマガジン「メルマナ」

いのちのことば社が発行するディボーションガイド『manna(マナ)』のメールマガジン版です。

本を持ち歩かずに通勤や通学中にディボーションをされたい方、
忙しい中でもみことばに触れる時間をもちたい方へ、
テキスト形式で毎日配信。

『メルマナ』を通して、日々みことばを存分に味わい、
神様と共に歩むクリスチャンライフをお手伝いします。

manna201701b特集 わが主わが神わが救い主1

日本においてクリスチャン人口は長年1%のまま。なぜ救われる人が少ないのだろうか。アルバータス・ピータルス著『わが主わが神―なぜこの救い主でなければならないか』(1975年、いのちのことば社)から、救いとは何か、そして救い主について学ぶ。

一人の青年が私の所へやってきて、自分の信仰について聞いてほしいと言った。彼ははっきり自分はクリスチャンだと名乗る青年であった。彼は、クリスチャンの家庭とキリスト教的環境で育てられ、最近、あるキリスト教の大学を卒業した。彼は以前に1年間、私の教会の青年聖書研究会の会長をしていた。彼が真剣に私に問いかけてきた問題というのは、「私たちが永遠の救いを得るのに、なぜ主イエス・キリストにおける信仰のみが、唯一の条件なのか」ということであった。
この問題ほど重要な問題はほかにない。救いの問題は実にキリスト教の中心問題であり、神髄である。私たちが、キリスト教をまず第一に救いの道として、またイエス・キリストをまず救い主として考えなくなってくるにつれて、キリスト教はキリスト教でなくなってくる。そして私たちは信仰生活の真実さから離れていくのである。
このことが本当であるのを知るために、私たちは聖書を注意深く調べてみる必要がある。
<本文より>

聖書通読

2~6日、9~13日、16〜20日、23~27日、30〜31日 士師、コロサイ、ルツ、Ⅰテサロニケ

聖書の学び

祈り
1日「主の祈り」
7〜8日「求め続けた友人」
14~15日「パリサイ人と取税人の祈り」
旧約の人物
21〜22日「ギデオン」
28〜29日「サムソン」

通読表はこちら

 

聖書日課執筆者(1月号〜3月号)

横山 幹雄(単立 となみ野聖書教会牧師)
関根 一夫(ミッション・エイド・クリスチャン・フェロシップ牧師)
阪下  謙(イムマヌエル綜合伝道団 佐賀キリスト教会牧師)
高橋  博(世界福音伝道会 草津キリスト教会牧師)
川端 光生(新生キリスト教会連合 キリストの栄光教会牧師)
城倉  翼(沖縄バプテスト連盟 那覇バプテスト教会牧師)

manna201612b特集 信仰の旅路を行く2

アリスター・マクグラス著『信仰の旅路―たましいの故郷への道』(2003年、いのちのことば社)から、クリスチャン人生の旅に思いを向けてみましょう。

クリスチャン信仰の重要な道標の一つは、私たちの知り、愛している神が世界の創造者であるということです。けれども、このことは、私たちが受け入れているただの概念になってしまいがちです。神が創造者であるということは、知性のみならず心にも衝撃を与える、個人の信仰の旅路に立つ道標でなければなりません。意識と人生がそれによって変えられる必要があるのです。
ジョナサン・エドワーズ(1703-58年)は、著作の一つ、『キリスト教の巡礼者』と題された説教の中で、信仰の道を旅する私たちが方向を正しく定めることに注意を向けて、語っています。
この世は神の被造物ですから、邪悪なものとして拒絶するわけにはいきません。しかし同時にこの世は神ではないので、旅の最終地点にある、真の栄光にはとうてい及びません。エドワーズは、最終的な目的地は神であることと、この神以外に私たちを満足させる力やあがめられるべき権威をもった方はいない、ということを思い出させてくれます。エドワーズはここで、「神は理性をもつ被造物にとって、至高の善であり、この方を享受することは私たちの魂が満たされる唯一の幸福である」と明言しています。<本文より>

聖書通読

1~2日、5~9日、12〜16日、19~23日、26〜30日 エペソ、ヨシュア、ピリピ

聖書の学び

世の光としての救い主
3~4日「救い主の降臨」
10〜11日「救い主の預言と成就」
17~18日「救い主の誕生」
24〜25日「闇に輝く光」
祈り
31日「主の祈り」

通読表はこちら

 

聖書日課執筆者(12月号〜2月号)

関根 一夫(ミッション・エイド・クリスチャン・フェロシップ牧師)
唐澤 健太(カンバーランド長老教会 国立のぞみ教会牧師)
横山幹雄(単立 となみ野聖書教会牧師)
阪下 謙(イムマヌエル綜合伝道団 佐賀キリスト教会牧師)
高橋 博(世界福音伝道会 草津キリスト教会牧師)
城倉   翼(沖縄バプテスト連盟 那覇バプテスト教会牧師)

manna201611b特集 信仰の旅路を行く1

アリスター・マクグラス著『信仰の旅路―たましいの故郷への道』(2003年、いのちのことば社)から、クリスチャン人生の旅に思いを向けてみましょう。

聖書には旅のイメージが多く用いられています。聖書を開けば、旅をする人々が登場します。おそらく、そのうち最も大きな旅は、エジプトで過酷な奴隷状態にあったイスラエルの民が、約束の地、カナンに向かう40年の旅でしょう。そのほか、アブラハムが信仰をもって先祖の土地を離れ、神の選ばれた地に向かった話もあります。アブラハムは、どこに向かっているのか知りませんでしたが、誰と共に旅をしているかを知っていました。彼にはそれで十分でした。
新約聖書には、クリスチャンを指して初期に使用されたことばが「この道の者」(使徒9:2)であったと述べられています。クリスチャンは新しいエルサレムに向かう道の途上にいる旅人と考えられていたのです。
<本文より>

聖書通読

1~4日、7~11日、14〜18日、21~25日、28~30日 詩篇

聖書の学び

イスラエル王国
5~6日「ダビデの逃亡」
12〜13日「サウルの命を助けたタビデ」
19~20日「王となったダビデ」
世の光としての救い主
26〜27日「救い主の道備え」

通読表はこちら

 

聖書日課執筆者(11月号〜1月号)

高橋 秀典(日本福音自由教会協議会 立川福音自由教会牧師)
関根 一夫 (ミッション・エイド・クリスチャン・フェロシップ牧師)
唐澤 健太(カンバーランド長老教会 国立のぞみ教会牧師)
横山 幹雄(となみ野聖書教会牧師)
阪下   謙(イムマヌエル綜合伝道団 佐賀キリスト教会牧師)
城倉   翼(沖縄バプテスト連盟 那覇バプテスト教会牧師)

新刊紹介・お知らせ


2017年1月号

特集 わが主わが神わが救い主1 日本においてクリスチャン人口は長年1%のまま。なぜ救われる人が少ない…

2016年12月号

特集 信仰の旅路を行く2 アリスター・マクグラス著『信仰の旅路―たましいの故郷への道』(2003年、…

2016年11月号

特集 信仰の旅路を行く1 アリスター・マクグラス著『信仰の旅路―たましいの故郷への道』(2003年、…

定期購読

買い忘れのない定期購読はいかがですか?
1冊 6か月3,996円、12か月7,992円(いずれも送料、税込)で予約購読(前払)できます。

バックナンバー

  • 2016年12月号
  • 2016年11月号
  • 2016年10月号
  • 2016年9月号
  • 2016年8月号