「J-ばいぶるSEPTUAGINTA 」 - インストール・登録・利用まで

J-ばいぶる2008インストールCDROM Ver.2 画像拡大

注1) JB2008v2をドライブに挿入し、しばらくすると、CDROM内の「setup.exe」が自動再生され@の画面が表示されます。
注2) ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、必ず、「許可」を指定して下さい。

@ 「J-ばいぶるSEPTUAGINTA」ボタンをクリックするとインストールが始まります。

AJ-ばいぶるSEPTUAGINTAが既に、インストールされている場合、以下の画面が表示されます。
  この場合、「はい」をクリックして、再インストールすることをおすすめします。

B「はい」をクリックすると、インストール作業が始まります。

★VISTA/7/8の場合、ファイルを起動中に以下のような「ユーザーアカウント制御」画面が表示される場合があります。
  表示された場合、必ず「許可」 をクリックして、インストール作業を続けてください。

C以下の画面が表示されます。インストール先を変更する場合は、慎重に作業を行って下さい。

D以下の画面が表示されます。「OK」をクリックします。

E最後に、以下の画面が表示されます。「はい」をクリックすると、@の画面に戻ります
 「いいえ」をクリックすると、作業を終了します。

Fデスクトップの「J-ばいぶるSEPTUAGINTA」起動アイコンをダブルクリックします。
 J-ばいぶるSEPTUAGINTAデータCDROMを使い
 登録作業を行います。

G以下は、J-ばいぶるSEPTUAGINTAの「登録画面」です。

登録作業の最後に、以下の画面が表示され、SEPTUAGINTAのデータベースファイルをCDROMから導入します。

最後に、以下の画面が表示されます。

★「使い方」は、、起動画面の「ヘルプ」「マニュアル」をご覧下さい。

HJ-ばいぶるSEPTUAGINTAを再起動し、画面Dにある「自動更新」機能で、ファイルを最新のものに書き換えます。

I最後に、アンインストールの方法です。

TOPへ


©日本コンピュータ聖書研究会