たいせつなきみ

たいせつなきみ

マックス・ルケード作  セルジオ・マルティネス絵  ホーバード・豊子訳

228×254ミリ 上製1600円(税別)
フォレストブックス


ジワッときて、それから心がホカホカする。 『たいせつなきみ』はそんな絵本です。

昨年の小社のベストセラーは、 マックス・ルケードの絵本『たいせつなきみ』でした。 本書は1998年秋に発売以来、すでに7刷目。 これは、絵本としては、かなりのハイペースです。  そして、実にその1/3が、一般書店を通して販売されました。 本書がもつ、「あなたはわたしの目には高価で尊い」というメッセージが、 クリスチャンのみならず、すべての現代人の心を打つのでしょう。  百聞は一見にしかず。まだ、お読みになっていない方は、 ぜひ、この感動を共有してください!

だめじるしシールをはられてばかりのパンチネロって、他人に思えません。
    だけど、このままの自分でいいという自信、安心、勇気が与えられて、一歩前進できた気がします。
(栃木県 19歳 専門学校生)

心に、ジーンとくる内容で、とてもよかった。    (北海道 15歳 学生)

できないことばかり指摘し、子どもに自信をなくさせてしまっていた私にとって、この本は救いでした。
    さっそく子どもに読んで聞かせたところ、とても感動して見入っていました。
(神奈川県 37歳 主婦)

子どもに心を込めて読みました。なかなか口に出せないことが素直に伝えられたように思います。    
(福岡県 41歳 会社員)

読んだあと、一人で泣きました。
    人の目ばかり気にして、前向きな気持ちになれずにいましたが、ありのままの自分を認めて生きていけばいいと語りかけられたようで楽になりました。
(徳島県 22歳 会社員)

娘にぜひプレゼントしたい本でした。
    主人がおみやげに持ち帰った夜、彼と心が通じ合っていることにも喜びを感じました。     (兵庫県 27歳 主婦)

世界でいちばん大好きな絵本になりました。私にとって「たいせつなきみ」です。何回読んでも涙があふれます。
(茨城県 23歳 会社員)

本屋さんで読みながら、思わず泣いてしまいました。心の奥にしみ込んでくるような、すばらしいメッセージが詰まっていると思います。
    ノンクリスチャンの友人にも気軽に贈れる本でした。  (岐阜県 34歳 教員) 

[キリスト教書籍情報トップページへ]